from World People to You !

世界中で協力して、

 

悩んでいる人を元気にしようぜ!

 

 

あなたがつらい時は、

 

これはあなたへの、

 

世界からの応援メッセージ。

クリックで拡大・日本語訳が表示されます

Language

© 2020 takashi-Sato

takashi-Sato - CHRONO TRIGGER : Schala's Theme in Flute and Violins -

私は忍者にとても興味があった。 彼らは自分の命と使命に価値を置いた。 それが私を魅きつけた。 旅のあいだ、私は忍者について考え続けた。 忍者は彼ら自身の事柄を創造した。 それがさらに私を魅了した。 私はムサシ(宮本武蔵)について読んだ。 彼は旅をし続け、どのグループにも属さなかった。 それが私には魅力的だった。 私は韓国のwith guesthouse(ゲストハウスの名前)でサトウに会った。 彼は日本からやってきた。 忍者とムサシは日本なので、とても興味深かった。 彼はムサシのように旅をしているようだ。 私はムサシを尊敬する。 そして私は忍者のように生きたい。 ※彼はかつて、お金を持たず旅に出ました。その日食べる為に働き、トイレに泊まったこともあったそうです。 彼は言います。 「便利だった生活では、ただそれだけで、それは本物ではない。お金含め、人がつくったシステム。 その日を生きるために行動している時は、肉体的には苦難がありながら、心はpeacefulだった。」